『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『そこはやめて。』
インスリノーマ闘病中の

1.jpg

ステロイド剤を飲み始めてからというもの、
大好きだったカリカリフードを食べなくなってしまいました。


お薬を飲むまでは、
「ホント、よく食べるなぁ・・・」という位、
暇さえあれば、カリポリカリポリ美味しそうに食べていたのに、
美味しくない薬を飲まされているストレスか、
そんなものを無理やり飲ませる私への反抗か、
それとも、具合が悪くなってしまったのか・・・


出来る限り、自分でご飯を食べてもらえることが、
体調を維持していく上でとても大切なことなので、
お腹が空いたら食べるかなぁ・・・
と見守ったりもしていますが、
でも、ご飯を食べないと血糖値が下がってしまい発作が起こる可能性があるため、
一日に一度だけ、チョコの大好きなふやかしフードを作ってあげることにしてみました。


ふやかしフードは、フードをお湯でふやかしただけの、
いわば雑炊的なもなのですが、
チョコは昔からこれが大好きで、
私がキッチンに立つたびに、

2.jpg

とおねだりしてくるので、
ふやかしなら食べてくれるだろうな♪と、
サプリも混ぜて作ってみることにしました。


3.jpg

作っている間、私の足にしがみついたり、
私の周りをウロウロしたりと、
待ちきれない様子のチョコさん。


お湯を入れた後、フードをつぶしてあげるのですが、
そんなの待ってられないチョコ(笑)

4.jpg

一秒でも早く食べたくて、

5.jpg

6.jpg


ただ、こんなに必死に欲しがるくせに、
ふやかしフードにしても、フードを残してスープしか飲まないチョコ。


ん~・・・
やっぱり食欲が落ちてるのかなぁ・・・


どうにかしてチョコにご飯を食べてもらおうと、
あーでもない、こーでもないと試行錯誤してきた結果、
私やパパの手からだと、フードを食べてくれることが発覚。


なので、
フードをふやかす→ふやかしたフードを手からあげる
→フードを全部食べたらスープをあげる
という流れにしてみました。


これもまぁ、日によって食べる量にムラがあるのですが、
とにかく少しでも食べてくれることが第一なので、
気長にゆっくりやっていこうと思います。


そんなチョコさん。
実は大のキレイ好き。


ふやかしフードを食べた後は口周りが汚れてしまうのですが、
それがとってもイヤらしい。


で、自分で口周りを拭くのですが・・・


なぜかクリスマスツリーで拭く||||(´ω`;)||||



白いクリスマスツリーで拭く_| ̄|○



「やめて!」と言っても、


7.jpg

8.jpg

9.jpg


チョコさん。
そこはやめて(ノД`)



10.jpg

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

【2011/12/22 12:29】 まりゅの日記 | コメント(4) |
『闘病がはじまりました。』
みなさま、お久しぶりです。
かのん改めまりゅです。
(mixi&ツイッターの名前と統一しました)


4年10ヵ月前に開設した『チョコっとフェレット』ですが、
仕事復帰したと同時に放置プレイしてしまい、
当時1歳だったチョコは5歳になり、
当時7歳だったポンくんは11歳の5年生になりました。


チョコは相変わらず可愛くて家族を癒してくれています。


DSC_1069.jpg


ポンくんも空手を頑張って続けてくれていて、
私もバレーや仕事に忙しいながらも元気だし、
パパも少々髪の毛の量が気になり始めた(本人は気付いていない)ながらも元気です( ´艸`)


ブログをお休みしている間も、ミクシィやツイッターはやっていたのですが、
実は先日、チョコの病気が発覚したため、
きちんと記録を残していきたいと思い、チョコフェレを再開することに決めました。


ブログを書いていた頃は、チョコが病気になることなんて考えてもみなかったけど、
チョコももう5歳。
チョコが一日でも長く元気に暮らしていけるよう、
今まで以上にきちんとケアしていこうと思っています。


・・・と、なんだか暗くなってしましましたが、
チョコはまだまだ元気です!


DSC_1027.jpg


ケージから出してあげると、リビングの中を歩き回るし、
相変わらず、袋を見ると、かぶって走り回ってます・笑


DSC_1212.jpg


猫みたいにこたつが好きで、
男の子(むしろおっさん・笑)のくせに相変わらず内股です(・m・*)


DSC_1136.jpg


フィラリアのお薬が大好物で、


DSC_1237.jpg


お兄ちゃんとも仲良しです。


そんなチョコですが、『インスリノーマ』という病気になってしまいました。


インスリノーマとは、わかりやすくいうと脾臓に出来る悪性の腫瘍で、この腫瘍細胞から通常よりも多量のインスリンが分泌されるようになることから、低血糖を起こしてしまう病気です。


低血糖がひどくなってしまうと、ぐったりして立てなくなってしまったり、意識がなくなったり痙攣したりという発作が起こり、それにより、命の危険もある病気です。


病気自体が治ることはなく、
出来る限り血糖値を下げないように、
食事やお薬などで血糖値を維持していくことが大切で、
手術して腫瘍を取るという方法もあるのですが、
手術しても腫瘍が取れるかどうかはわからないこと、
手術中や手術直後に容体が急変してしまうことがあること、
うまく腫瘍が摘出できても、高確率で再発してしまうことなどを考え、
主治医やパパやポンくんともたくさん話し合った結果、
我が家では、現段階では手術はせず、お薬(ステロイド剤)で維持していこうと決めました。


4月に数回、歩いている時にパタンと倒れてしまうことがあり病院に行ったのが始まりで、
その時に測った血糖値が76。
でも、この時はまだ様子を見ましょうという診断で、
それから少しして再検査してもらった時の数値が69。
そして、今月の検査で数値が58となり、
インスリノーマの確定診断となりました。


夏以降は、歩いている時に倒れることもなくなっていたので、きっと大丈夫だと思っていました。


先生に、「一年くらい頑張ってくれる子もいますよ。」と言われ、逆に、一年しかないのか・・・と思って、診察室で泣いてしまった私。
頭の中が真っ白のまま先生の話を聞き、
先生に言われるがままにステロイド剤をもらってきたものの、
「本当にステロイド剤を飲ませていいのか?」
「それによる副作用はないのか?」
と色んなことが頭をめぐって、お薬を飲ませることが出来ず、
色んな人に相談したり、ネットで調べたり、セカンドオピニオンに行ったりして、
ようやく4日前に、ステロイド剤の服用を始めることを決心出来ました。


ステロイド剤を飲ませることによって、肝臓に負担が来てしまうかも知れないので、
肝臓をサポートするようなサプリなんかを併用しつつ、
チョコが低血糖を起こさないように、
チョコが毎日幸せに暮らせるように、
家族で精一杯サポートしていこうと思います。


大好きな大好きなチョコが、一日でも長く元気に暮らせるよう、これから、応援してもらえると嬉しいです。


DSC_1235.jpg


頑張ります。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

【2011/12/19 14:23】 まりゅの日記 | コメント(4) |
『元気です!!』
本当にお久しぶりです。

ブログは放置してしまっていますが、チョコも家族も元気です♪ヽ(´▽`)/

チョコの様子や写真などは、最近Twitterでアップしています☆

@v_maryu_v
(HNは、まりゅ になりました♪)

相変わらずかわいいチョコたんです。
良かったら、また絡んで下さいね(*´∇`*)
【2011/04/13 18:50】 まりゅの日記 | コメント(2) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。